アニメ業界に就職したい!専門学校に行ったほうがいい?

日本の文化と言われるほどに発展している「アニメ」。大人から子どもまで、多くの人が楽しんでいるコンテンツですね。アニメを見て育った方なら、「いずれはアニメ業界に就職して仕事がしたい」と憧れることでしょう。

アニメ業界に就職したいと思った時、気になるのは進学先です。よく聞くのは専門学校に進学するルートですが、アニメ業界に就職するなら、専門学校に行ったほうがいいのでしょうか?

就職を考えるなら専門学校に進学するのがおすすめ

アニメ業界に就職するだけなら、専門学校への進学は必須ではありません。ただし、最後にご紹介するようなアニメ制作の中核を担う仕事をするなら、専門的な知識が不可欠です。専門学校を卒業していない場合、就職は難しいと考えられます。

専門学校は、個人では難しい業界との繋がりを作ることができたり、就職に対するサポートが手厚かったりと、プラスアルファの魅力もあります。アニメ制作会社の中には専門学校に募集をかける場合もあると言われています。アニメ業界に就職したい場合は、専門学校へ進学するのがおすすめです。

専門学校の選び方

アニメ業界で仕事をするとなると、実技面のスキルを問われるシーンが多いです。知識面のスキルはもちろんですが、実技面のスキルを磨けるような学校を選んで進学すると、業界で活躍できる人材になれます。

アニメ業界への就職に特化した勉強ができるHAL東京は、実技面のスキルをしっかり身につけられる専門学校の一校です。描く技術に加えて、動かすスキルや3DCG技術が身につきます。

業界を牽引するトッププロから、直接指導を受けられるのも魅力的です。アニメ業界の最前線で通用するスキルを手に入れたい方への進学先として向いています。

アニメ業界に就職したいと考えている方は、HAL東京のように実技面のスキルを磨けるアニメの専門学校に進学を検討してはいかがでしょうか?

アニメ業界で活躍する職種の例

最後に、アニメ業界で活躍する職種の例をご紹介します。専門的な知識や技術が求められる職種なので、目指す場合は専門学校でしっかりと勉強しましょう。

①アニメーター

キャラクターや背景のうち、動きのある部分のイラスト制作を担当します。元になる「原画」を制作する仕事と、動きをつけるために「動画」を制作する仕事があります。

原画や動画の制作には鉛筆を使うのが基本です。しかし、近年のイラスト制作にはコンピューターを使用することが増えています。今後はアニメーターにおいても、イラストソフトの使用スキルなどを求められる可能性が考えられます。

②背景デザイナー

背景や、そこにある小物などを描くのが仕事です。アニメを見ていると動きのあるキャラクターに意識を奪われがちですが、実は背景のほうが重要な役割を果たしています。作品の世界観を表現する、とても大切な仕事です。

③プロジェクトマネージャー

アニメ制作の進捗管理や調整を担当する仕事です。依頼の内容を把握してスタッフを手配したり、原画や動画を回収して管理したりします。

予算の把握や管理もプロジェクトマネージャーの仕事です。プロジェクトマネージャーがいることでアニメの制作がスムーズに進みます。

④3DCGモデラー

CGを使ったグラフィックや映像を制作する仕事です。キャラクターを担当する3DCGモデラー、背景を担当する3DCGモデラーなど、スキルに合わせて異なる専門分野で活躍します。

Set of student in the classroom scene illustration

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA