国家資格の一つでもある知的財産管理技能士の魅力

2008年に技能士に追加された新しい資格に知的財産管理技能士が存在します。知的財産管理に関する学科試験と実技試験が行われ、それに合格することで取得することが可能です。

特徴には技能の内容によって1級・2級・3級の三つの級に分けることが可能で、それぞれ担う役割が違っています。3級は知的財産の管理業務に従事する人が保有することを想定し、2級はその実務経験2年以上、もしくは3級合格者が受検することが可能です。

1級は2級に合格して実務経験1年以上、3級に合格して実務経験2年以上、その他は4年以上の実務経験があれば受検することができます。他にも大学や大学院などの養成機関で関連科目の単位修得状況によって違いが存在します。

その検定試験ではマークシート形式による筆記試験が行われ、それと実技試験も記述形式の筆記試験になります。ともに7割以上の獲得を目指す必要があり、やや難関に分類されます。

ただ年に3月・7月・11月と積極的に検定試験が開催され、年に3回チャンスが存在するので、受検しやすい点がメリットです。取得後には技能士を称することが可能で、名刺等にも記載することができ、知的財産を管理する業務のある企業、各種団体への就職も有利になります。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA