インバウンド実務主任者認定試験の資格取得について

インバウンド実務主任者認定試験とは、インバウンド、つまり日本を訪れる外国人観光客に関する様々な知識を持ち、十分に理解していることを示す資格です。この認定試験を受けて合格することで取得することができます。

受験に特別な条件はなく、インバウンドに関する実務経験も不要ですが、合格基準は全体の8割以上の正答率とされており、単なる一般常識だけで受験して合格するようなものでは決してありません。インバウンドの現状や動向、消費行動などに始まり、文化や宗教、食事などの違い、さらにはインバウンドをどのように集客やビジネスに結び付けるかといったテーマについての問題もあります。過去問や関連する書籍で勉強するのが良いでしょう。

活かせる仕事としては観光業界が真っ先に思い浮かぶでしょうが、それだけではありません。例えば何かのお店をやっていて、外国人観光客を呼び込みたいと思っているとか、現に外国人観光客が増えて対応に苦慮しているという場合には十分に活きる可能性があります。インバウンドによって街の活性化を図ろうとしているというくらいでも十分に取得理由になります。一方、観光業界であっても視点が日本人の外国観光に向いている場合はあまり活かせるポイントはないかもしれません。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA