日本における英語学習の問題点

日本の授業の多くは座学の授業が多くを占めています。義務教育の間は政府の定めた学習内容を進めています。

英語の学習もこのような方針で進められていますが、日本人の英会話能力は他の先進国と比較したデータを見ても大きく劣っています。これは教育の仕方に問題があると疑いの目を向けられても仕方がありません。

しかし、これは英会話における話を取っていますが、英語の能力はそれだけではありません。英語は読み、書きなどの紙面上のことと話す、聞くなどの日常に必要なことに分けられますが、日本は紙面上の読み書きが得意で日常生活で必要な話す、
聞くが出来ていないから英語が出来ないという印象をつけられてしまっています。
これは意思疎通に困るからそのように判断されてしまうのです。

英語の学習は国際社会では必須の強化となっておりグローバル化が進む現代では重要な項目と考えられます。
これから生きていくうちに必要なことを政府はより重大に考えて教育方針を固める必要があります。この行動はすでにとられていて日本の学校で外国人のインストラクターが生徒たちに教えに行く教育方法がすでにとられています。

これは問題となっている話す、聞くという能力を伸ばす効果が期待されています。しかし、これは英会話における話を取っていますが、英語の能力はそれだけではありません。英語は読み、書きなどの紙面上のことと話す、聞くなどの日常に必要なことに分けられますが、日本は紙面上の読み書きが得意で日常生活で必要な話す、聞くが出来ていないから英語が出来ないという印象をつけられてしまっています。これは意思疎通に困るからそのように判断されてしまうのです。

英語の学習は国際社会では必須の強化となっておりグローバル化が進む現代では重要な項目と考えられます。これから生きていくうちに必要なことを政府はより重大に考えて教育方針を固める必要があります。この行動はすでにとられていて日本の学校で外国人のインストラクターが生徒たちに教えに行く教育方法がすでにとられています。これは問題となっている話す、聞くという能力を伸ばす効果が期待されています。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA