【失敗しない留学】世界でファッションを学ぶなら

ファッションに関する仕事に就くことを見据え、ファッションに関する知識を本格的に海外で学んでみたいと考える人も多いのでは?しかし、海外での学びには「留学がうまくいくのか」、「どこを選べばいいのか」と不安も付き物です。
ファッション留学をする時、どんな点に注意をしたらいいのか、どんな学校、国を選ぶと安心かを教えたいと思います。

ファッション留学をする時に気を付けたいポイント

ファッション留学を目指すにあたって、留学を支援してくれる学校や留学先を選ぶポイントはいくつかあります。
留学の目標を達成するために次の項目をしっかりと確認して、学ぶ環境を整えて安心して留学ができるようにしましょう。

留学先が学びたいジャンルに沿っているか

ファッション留学を目指すにあたって、「ステージで輝く舞台衣装を学びたい」、「最先端の流行を生み出すファッションデザイナーになりたい」など、何か特定のジャンルに憧れを抱いている人が多いのではないでしょうか?
ファッション留学ができる先は数多くあり、それぞれの国の文化や歴史によって得意なジャンルや学べるものが大きく変わります。
例えば、アメリカなら最新のファッショントレンドやビジネス知識を学ぶのにピッタリですし、イギリスなら伝統的なスタイルからパンクスタイルまで幅広いジャンルのファッションに触れることができます。

それぞれの国ごとのファッションの特性や文化を考慮して、学びたいファッションのジャンルや知識を得られる国を選ぶことは何よりも重要なポイントです。

予算に合った留学が可能か

ファッションに限らず、留学は大きな費用が掛かる学びです。得られるものが大きい分予算も相当なものになります。
期間やプログラムによって予算は異なりますが、その幅は大きく最短1週間~1年以上の長期間の留学プログラムがあり、費用も約10万~500万円と様々です。
一言で留学と言っても国やコース、期間によってかかる費用の幅は大きいため、予算を予め決めておくことも大切です。
学びたい内容も大切ですが、かけられる予算を基準に学びたい内容、行きたい学校を選ぶことができるかも検討材料の一つです。
学校によって、留学希望者に向けた奨学金制度を設けているが所もあります。国際ファッション専門職大学では、全員が必修の海外実習・インターンシップを受けることができます。
奨学金の制度では、提携企業が奨学金を支援してくれる制度や学校が渡航費から入学金、学費1年分を負担してくれる制度があります。

事前に予備知識を学ぶ時間はあるか?

留学を決めたからといってすぐに海外へ行ってしまうと「初めから授業についていけない」、「先生や同級生とコミュニケーションすら取れない」という可能性があります。
留学前に、ある程度の語学力やファッションに関する基礎知識を身に着けられる時間はあるのか、どれくらいの時間がかけられるのかをしっかり把握してから学校を選び留学先を決定しましょう。

学校のサポート状況はどうか

留学をするにあたって一人で決めるには、不安なことや分からないことがたくさんあります。そんな時相談ができる人がいれば安心ですよね。
「まず何から準備をしたらいいのか」「留学中の単位の取得はどうなるのか」「手続きは何をどこでしたらいいのか」ネットで調べるにも限度があります。
留学を支援している学校では相談窓口やエージェントの紹介をしてくれることもあります。
希望する学校が留学に対してどのようなサポートをしてくれるのかもしっかり確認すると安心して準備を進めることができますね。

まとめ

ファッション留学を検討する上で、気にしたいポイントについて紹介しましたがいかがだったでしょうか?留学には不安もつきものですので、事前の下調べが重要です。
自分に合った学びができるのか、どんな支援をしてくれるのかをしっかり把握した上で是非留学へチャレンジをしていただければと思います。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA